筒井あやめ

筒井あやめ『目頭を押さえた』チケット情報6月8日更新

  • コピーしました

チケット最新情報 6月8日更新

アフタートーク開催決定

 

舞台『目頭を押さえた』東京公演でのアフタートークショーが行われることが決定しました!
公演終了後に、休憩をはさんでのアフタートークになります。
公演当日の公演チケットを持ったお客様がそのまま同じ座席でみることができます。

 

登壇者

6月9日(水)14:00 横山拓也、筒井あやめ、梶原善
6月10日(木)14:00 横山拓也、金田明子(パンフレット編集)
6月10日(木)18:00 寺十吾、筒井あやめ、山中崇
6月11日(金)18:00 横山拓也、秋田汐梨、枝元萌、山中崇
6月15日(火)14:00 横山拓也、秋田汐梨、林翔太、梶原善
6月16日(水)14:00 筒井あやめ、秋田汐梨、大西由馬
6月17日(木)14:00 横山拓也、ゲスト:角田光代(小説家)
6月17日(木)18:00 寺十吾、筒井あやめ、橋爪未萠里
6月18日(金)18:00 寺十吾、秋田汐梨、林翔太

 

 

 

高校生以下チケット1000円にも空きがあります

チケットは6月15日以降で空きがあります。

 

4月10日に発売開始となった乃木坂46筒井あやめとSeventeenモデル秋田汐梨W主演の舞台『目頭を押さえた』の東京公演分のチケットですが、すでに初日、筒井あやめの誕生日となる6月8日公演、千穐楽の分は売り切れれていますが、高校生以下チケット¥1000には6月8日分はまだ空きがあります(平日の午後ですが)。

土日の分もまだ日程の半分は余裕があるようなので是非チェックしてみてください。

 

ぴあ(東京芸術劇場主催分取り扱い)

http://tmt.pia.jp/ticketInformation.do?eventCd=2102516&rlsCd=004

 

 

目頭を押さえた チラシ画像

 

 

 

◆東京公演のチケット

公演日程は6月4日から7月4日までの約一月、全35公演

シングルキャストでの長丁場、筒井あやめの舞台俳優としての成長を見届けるには、前半1回、後半に1回は押さえておきたいもの。

 

 

現在の売り切れているのは

 

6月4日 初日

6月8日 筒井あやめのバースデー公演

7月4日(日)の東京千穐楽

初日、千穐楽はどの公演でも最も人気が高くなります。早々に売り切れています。

しかし、その他の日程でのチケット入手はまだ可能です。

ま今回の劇場、シアターイーストは座席が約270席しかなく、舞台と座席の面積の比率が少ないので、出演者の表情も割と近くでみられるのが利点としてあげられます。

 

シアターイーストの座席表

会場はJR池袋駅西口 徒歩5分

地下通路からアプローチが便利

公演会場は東京芸術劇場、シアターイースト、地下にある劇場(吹き抜けのパティオで外光あり)で池袋駅西口にあり、地下鉄丸ノ内線からのアプローチが便利です。

 

基本パターンの座席表の見取り図を載せておきます。

実際のものとは異なる場合がありますので、参考程度にお願いします。

 

 

 

高校生以下チケット1000円

 

東京芸術劇場のボックスオフィス(WEB)のみですが、高校生以下1000円というチケットがありますので、日程が合えばこちらを利用すると大変にお得に観劇できます。

 

授業の時間割が新学期のため、ちょっと確認しづらいと思いますが、平日で都合がつけば、土日より取りやすいと思います。

 

東京芸術劇場のリンク

⇒ 東京芸術劇場ボックスオフィスの公演情報

 

 




 

筒井あやめの初舞台出演

 

乃木坂46の4期生でグループ最年少の筒井あやめが、ニコラ・モデル出身で女優としても活躍する秋田汐梨とW主演を務める舞台『目頭を押さえた』の情報が公開されました。

 

筒井にとっては単独出演では初舞台となる「PARCO STAGE」への出演に関する情報をまとめました。

 

作品への理解を深めるための情報もまとめてあります。

 

 

作品名は『目頭をおさえた』

 

作品名を紐解いてみると

「目頭をおさえる」とは元来、感情の変化により溢れそうになった涙をおさえる、またはそれを誘引しそうなほどの感情を揺さぶられた表現として使う言葉だと思います。

 

しかしながら、この作品のタイトルである『目頭を押さえた』には、全く別の意味があります。

 

 

 

 

この作品の舞台となるのは、過疎の山間の村で、その地域はもともと林業を生業とする集落であった。良質の木材を育てるために節をなくす「枝打ち」という高木の生枝の除去は、危険を伴う作業で、落下して命を落とすこともあります。高所からの落下で死亡した場合、眼球が衝撃で飛び出していることが多く、死化粧を施すことを、その地域では、眼球を押さえて戻すことを伴うために「目頭をおさえる」と呼んでいて、その行為がこの作品の題名の意味するところになります。

 

 

筒井あやめと秋田汐梨のヒロイン2人

 

登場人物など

この作品のヒロインは高校3年生の2人

 

杉山遼-筒井あやめ

中谷修子-秋田汐梨

 

2人は従姉妹で、幼い頃から姉妹のように仲がよく、修子(秋田汐梨)の父、元が遼(筒井あやめ)の母、鈴の兄という関係。

遼の母、鈴が亡くなり杉山一家は、鈴の故郷で、中谷一家が暮らす「人見村」に移住することを決意。ヒロイン2人の関係もより親しいものとなる。

遼は母が残したの形見の一眼レフ・カメラを大切にして、村の風景や人々を撮影し、その才能を認められている。高校では写真部に所属し活動している。

二人は高校卒業後は地元の短大に通う予定であったが、写真を本格的に勉強したいと希望する遼は東京の芸術系の大学に進学することを決断する。

この気持の変化が、遼と修子の関係に微妙な隙間を生み出すことになる。ストーリーは写真部の顧問で修子が淡い思いを寄せる坂本も巻き込んで、ありがちな少女たちのすれ違いの隙間を一層広げてしまう展開に進んでいく。

 

写真部顧問 坂本: 林翔太

 

中谷家: 父・元(梶原善)、妻・史子(枝元萌)、娘・修子、小学4年の長男・一平(大西由馬)

 

杉山家: 父・馨(山中崇)、 娘・遼

 

遼の家庭教師: 橋爪未萠里

 

作品の舞台となる「人見村」は風習として、死者の葬儀を林業従事者が代々「年行司」として執り行う伝統があった。

しかしこの地区では、もはや唯一の林業従事者となってしまった修子の中谷一家がこの年行司を恒久的に務めている。

 

その中谷(修子の父)と小さな葬儀屋を開業し、冠婚コンサル業を営む杉山(遼の父)との対立の構図もこの作品の大きな柱ともなっている。

また伝統的な葬儀を執り行う“喪屋(むや)”と呼ばれる小屋もこの舞台の重要なシーンとなっている。

 

 

※それぞれの父親役に関しては、これまでの情報では詳細が明らかにされていため両氏の名前をそれぞれ併記

しています。過去の公演から、遼の父が山中、修子の父が梶原というイメージが強いですが、実際のところはまだ情報がありません。

 

 

舞台『目頭を押さえた』について

物語の原作・脚本

この舞台作品は大阪府出身の劇作家、演出家、関西弁口語のセリフの脚本を上演する演劇ユニット「iaku」代表を務める横山拓也(よこやまたくや)氏の戯曲作品になります。

また今回の演出は京都府出身で1992年に劇団「tsumazuki no ishi」を旗揚げした寺十吾(じつなしさとる)氏が、今回新たに担当しています。

 

方言での上演

この舞台の背景は畿央地方の山間部で、横山作品の肝である関西弁での上演を特色としています。

 

過去の上演

2012年に大阪・ABCホールの企画プロデュース作品として初演。

2013年には原作者横山拓也氏の演劇ユニットiakuにより三重、東京で再演。

2018年1月に宮崎弁での舞台上演を行う「小松台東」(こまつだい・ひがし)の松本哲也演出で「関西弁」を「宮崎弁」になおして、小松台東+演劇ユニットiakuで上演。

2018年7月、京都大学公認演劇サークル、劇団ケッペキにより上演。

 

 

過去の公演記録

 

初演 ABCホール企画

 

ABCホールチラシ

2012年大阪・ABCホールのプロデュース公演

 

公演記録
期間 2012/07/20 (金) ~ 2012/07/23 (月)
劇場 ABCホール
出演 金替康博(MONO)、緒方晋(TheStoneAge)、魔瑠(遊気舎)、野村脩貴(ルート):子役、

橋爪未萠里(劇団赤鬼)、松永渚、うえだひろし(リリパットアーミーⅡ)、七味まゆ味(柿喰う客)
脚本 横山拓也(売込隊ビーム)
演出 上田一軒(スクエア)

 

 

再演 三重 東京

 

三重・東京iaku公演チラシ

2013年演劇ユニットiaku公演

 

公演記録
期間 2013/12/07 (土) ~ 2013/12/08 (日)
劇場  三重県文化会館

 

期間 2013/12/12 (木) ~ 2013/12/15 (日)
劇場 こまばアゴラ劇場

出演 金替康博(MONO)、緒方晋(TheStoneAge)、魔瑠(遊気舎)、

橋爪未萠里(劇団赤鬼)、松永渚、うえだひろし(リリパットアーミーⅡ)、七味まゆ味(柿喰う客)、野村脩貴(ルート)
脚本 横山拓也
演出 上田一軒

 

 

宮崎弁での公演

 

小松台東チラシ

2018年、小松台東+iaku公演

 

公演記録

期間 2018/01/30 (火) ~ 2018/02/04 (日)
劇場  サンモールスタジオ
出演 小川あん、納葉、緒方晋(TheStoneAge)、森谷ふみ(ニッポンの河川)、斎藤ナツ子、

村上誠基、櫻井竜、松本哲也(小松台東)
脚本 横山拓也(iaku)
演出 松本哲也(小松台東)

 

 

京都大学での公演

 

 

劇団ケッペキ 京都大学公演のチラシ

2018年7月、京都大学公認演劇サークル、劇団ケッペキ公演

 

公演記録
期間 2018/07/07 (土) ~ 2018/07/08 (日)
劇場 京都大学西部講堂
出演 木戸口将也、上中理瑚、桑木陽彩、小木曽遼、中村亮介、遠塚比奈、鈴木嵩久、鮫島美月
脚本 横山拓也
演出 牧野七海

 

 




新プロジェクト PARCO STAGEでの『目頭を押さえた』

 

公演情報

 

東京公演(全35公演)

東京芸術劇場 シアターイースト

2021年6月4日(金) ~ 2021年7月4日(日)

 

大阪公演(全3公演)

大阪 サンケイホールブリーゼ

2021年7月6日(火) ~ 2021年7月7日(水)

 

名古屋公演・追加発表(全1公演)

名古屋市芸術創造センター
2021年7月9日(金)18:30開演

 

 

『目頭を押さえた』出演者

 

筒井あやめ

筒井あやめ画像

出典元:乃木坂46公式サイト

 

2004年6月8日生まれ、愛知県出身。乃木坂46の4期生で現役メンバー中では最年少。加入後間もない参加2作目の25枚目シングル『夜明けまで強がらなくていい』で同じ4期生の遠藤さくらをセンターに、賀喜遥香と共にフロント・サイドを任せられる。乃木坂46 4期生の初舞台『3人のプリンシパル』では、1部「オーディション」、2部本舞台『ロミオとジュリエット』という形式で11人のうち3人の出演者が観客の投票により決まるという激戦で「ロミオ」、「ジュリエット」、「それ以外全部」の3役制覇を成し遂げる。4期生のこの舞台で3役制覇は筒井をふくめて2人だけであった。筒井は少女らしい純粋な輝きと、大人の女性が放つ妖艶さを持ち合わせていて、ピュアな中にもフェミニンな表情をみせる独特の魅力が武器となっている。

 

 

秋田汐梨

秋田汐梨画像

出典元:ST channel by seventeen

 

2003年3月19日、京都府生まれ。第19回ニコラモデルオーディションでグランプリを獲得。

国内唯一の中学生モデル雑誌『nicola』専属モデルとして活動(2015年10月号 - 2019年6月号 新潮社)表紙を9回飾る。

2018年4月、京都学園高校に入学。 8月、写真集『PROTO STAR 秋田汐梨 vol.1』リリース。

2019年9月号より『Seventeen』の専属モデルとして活躍中。

TVドラマでは、『富士ファミリー』2017(NHK)、『僕たちがやりました』 第8話(関西テレビ・フジテレビ)、『セトウツミ』 第3話(2017年9月5日、テレビ東京)、『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』(2019年日本テレビ)、『ホームルーム』(2020MBS)に出演。映画では松村沙友理が夢見弖ユメミ(ゆめみてゆめみ)役で出演した『賭ケグルイ』に和気屋喪部美役として出演等、『惡の華」(2019年日公開)では佐伯奈々子役で玉城ティナとダブルヒロインを務める。CMは日本マクドナルドやサントリー オランジーナ100等への出演がある。

2021年3月26日より配信開始されるAmazonプライムビデオ『賭ケグルイ双(ツィン)』には 花手毬つづら役で出演。

なお同番組には乃木坂46の生田絵梨花も三春滝咲良(みはるたき さくら)役で出演している。

 

 

林翔太

林翔太画像

出典元:Johnny's net

 

1990年2月8日生まれ、神奈川県出身。ジャニーズ事務所所属。
10歳でジャニーズ事務所に入所、ジャニーズJr.でのM.A.D.、They武道、宇宙Sixのユニット・メンバーとしの活動を経てJr.を卒業、俳優に専念し舞台を中心に活動している。

 

これまでの舞台出演には

『滝沢歌舞伎』(2016、2017、2018、ZERO、新橋演舞場)

『アンダースタディ』(2016年、銀座博品館劇場)
『二月喜劇名作劇場『喜劇 有頂天一座』(2018年、新橋演舞場 /大阪松竹座)

『Rodgers/Hart(ロジャース/ハート)』(2018年、東京 /大阪 /神奈川)主演:リチャード役 舞台単独初主演。
『デルフィニア戦記〜動乱の序章〜』(2018年、渋谷区文化総合センター大和田)シェラ役。
『デルフィニア戦記〜獅子王と妃将軍〜』(2019年、シアターGロッソ)シェラ役。
『ソーホー・シンダーズ』(英語版)(2019年、東京 /大阪 /石川 /愛知 /神奈川)主演:ロビー役。
『リトル・ウィメン〜若草物語〜』(2019年、シアタークリエ) ローリー役。
『天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜』(2019年、東急シアターオーブ)パブロ役。
『悪魔の毒毒モンスター』(2020年、大手町よみうりホール)
『女の一生』(2020年、新橋演舞場)野村精三役。
『EDGES -エッジズ-』(2020年、新国立劇場中劇場)。
『キオスク』(2021年、兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール /東京芸術劇場プレイハウス 他)主演・フランツ・フーヘル役。

 

2020年、NNNドキュメント'21で取り上げられ『 “笑顔”の多い明日を行く 30歳のジャニーズJr.林翔太』(語り:有働由美子、制作:日本テレビ)として放映されている。

 

 

梶原善(かじはら ぜん)

梶原善画像

 

1966年2月25日生まれ、岡山県岡山市の出身。

1985年にアルバイト仲間だった松重豊の紹介で、三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズの公演に参加して初舞台を踏む、その後も引き続き三谷作品には多く出演。

「顔は見たことがあるけど名前は知らない」俳優の代表的存在で、名脇役として数々のTVドラマ、映画、舞台に出演している。

 

TV-CMにも出演が多く、最近では「サントリー 伊右衛門プラス 」で本木雅弘と共演した(あなたコレステロール、スルーしようとしましたね。)「エスカレーター篇」(2019年5月)がある。

 

 

 

山中崇(やまなかたかし)

 

山中崇画像

 

1978年3月18日生まれ、東京都出身。妻は女優の西野まり。

 

彼もまた「顔はみたことあるが名前は知らない」俳優の代表選手格。

それほどに脇役としてのテレビドラマ、映画、舞台への出演が多い。

 

2013年、連続テレビ小説『ごちそうさん』『エール』(NHK)出演でも知られるが、代表作として挙げられるものは特にない。

 

広告メディアの出演が特に多く、過去には

NTT DoCoMo 、LION、マクドナルド、リクルート、トーヨータイヤ、富士急ハイランド、Panasonic、コカ・コーラ、サントリー、ケンタッキー、JR九州、LOTO6、日清フーズ、ベルメゾン、セキスイハイム、キヤノン、ヤクルト、ワコール、スカパー!、オートバックスセブン、日本郵政、奥村組、Honda、trivago、モスバーガー、AOKI、ドクターリセラ、フジテック等、多業種多企業のイメージ、ナレーション等に携わっている。

最近のTV-CMには2021年、東京海上日動火災保険『ハナ(杉咲花)のハテナ「DAP」篇』がある。

 

乃木坂46との接点としては、これまでに山下美月主演の『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019- 第8・10話(5月30日・6月13日、テレビ東京、Amazonプライム・ビデオ』での 高山監督役がある。

 

乃木坂46メンバーの2021年6月の単独舞台公演出演はこちらも注目です→中村麗乃 16公演中15公演が中止となった幻のミュージカル『SUPERHEROISM』の再演へ新たな挑戦!

 

 




  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報